事業内容

相鉄神田須田町第2ビル

DBJ Green Building認証をうけたハイスペックの「相鉄万世橋ビル」を開発
DBJ Green Building認証をうけたハイスペックの
「相鉄万世橋ビル」を開発

2015年1月竣工の千代田区神田須田町1丁目にあるハイグレードビルです。基準階面積200坪、入居テナント様のみがご利用いただける屋上テラスがあります。
全館LED照明の採用や昼光利用の照度制御をはじめとした、最新技術に基づく優れた環境性能を有し、優れた耐震性、専有部への電力供給を含む長時間対応の非常用発電機の導入により、ビルの防災やBCPにおいて優れた拝領がなされている点や、周辺の景観と調和した落ち着いた色合いで清潔感のある印象の外観を有している点などからDBJ Green Building認証を受けたビルです。

羽村物流施設

相鉄グループの物流施設開発第1号「CREDO羽村」を開発
相鉄グループの物流施設開発第1号
「CREDO羽村」を開発

東京都羽村市に物流施設「CREDO羽村」の開発を行っています。この施設は相鉄グループ初の物流施設開発案件です。EC需要の拡大などにより今後も堅調な需要が見込まれる、物流施設の開発事業に初進出したものです。
同施設は圏央道経由で東名道、中央道、関越道へのアクセスに優れ、広域配送拠点として利用できる他、神奈川県や東京都西部へのラストワンマイルの配送拠点としても活用できます。また、JR「羽村駅」から徒歩圏にあり、近隣には住宅地が広がっていることから、雇用面からも好立地にあります。
共用部や建物内外のデザインに、MOTIVATION & WELL-BEING」のコンセプトを掲げ、自然素材や植栽、上質感のあるデザインや仕上げ材の採用などで、明るく清潔感のある雰囲気の醸成、働きやすい環境づくりを行います。環境面でも再生可能エネルギーの利用を可能にし、環境認証の取得を目指しています。2024年11月に竣工予定です。

pagetop